事務所前ディスプレイ

TKCからのお知らせ

経営革新等支援機関

社長メニュー(ASP版)

戦略経営者システムQ&A

毎月更新!お役立ちコーナー

補助金・助成金情報

TKC戦略経営者ローン

新型コロナ緊急資金繰り対策


サプライ用品のご注文は、ドラゴンモールから

事務所通信速報メール
  • 配信先のメールアドレスとパスワードを入力して送信してください。
  • すべてのジャンルのメールが配信されます。ジャンルを絞りたい場合は、こちらから登録してください。

メールアドレス
パスワード  
パスワードは、受信するジャンルを変更、または、配信を停止する場合に使います。
 

セミナー申込
セミナーの内容は、セミナーのご案内をご覧ください。

セミナーコード

パスワード  

 

facebook

メニュー

当事務所について

経営革新等支援機関として認定されました

認定証 当事務所は、2012年8月30日に施行された「中小企業経営力強化支援法」に基づき、2,102機関のひとつとして第1号の経営革新等支援機関の認定を受けました。今後も一層中小企業の皆さまの役に立てるよう励んでまいります。

 
事務所案内
トップ  >  創業間もない方や創業予定の方

創業したての方からよく「まだ税理士を頼む規模ではない」という話を聞きます。

でも、これって逆だと思うんです。創業時だからこそ、税理士が必要です。

なぜなら、創業すると、いろいろ未経験なことをこなしていかないといけません。例えば、
・役所への手続き
(創業時に税務署などへ提出するべき書類があります)
・借入
(いくら借りれるのだろう、どこで借りるのがいいか、借入のための書類ってどう書けばいい?)
・人の採用
(どんな人を採用すればいいか、どこで求人するか)
・販路開拓
(営業ってどうするの?)

税理士を頼んでいないと、これらを身近な経営者に聞いたり、本で調べたりすることでしょう。

でも、その人は自分の経験の中でしか語れません。その人の場合、それでうまく行っていても、あなたにそのままあてはまるわけではありません。
本は一通りのことが書いてありますが、逆にあなたには必要のないことも書いてあります。非効率だと思いませんか?

税理士なら、多く持っている情報の中から今のあなたに必要なことを答えます。

創業という多くの未経験なことを手際よくこなさなければいけない時期だからこそ、その時間を有効に使うことで、以後の事業の発展に結びつくはずです。

では、どのような税理士に依頼するのがいいか?
税理士は、一番あなたに身近で一番あなたの事業を知る存在になるはずです。相性の合う人でなければ続かないでしょう。
自ら創業経験をした税理士なら、自分の経験も踏まえて的確なアドバイスを得られることでしょう。

当事務所は、平成17年創業です。皆さんのお問い合わせには24時間対応しています。思いついたときに時間を気にせずお電話ください。

 

お問合せはこちらから

プリンタ用画面
カテゴリートップ
TOP


愛知県岡崎市竜美旭町10番地17 黒野晃司税理士事務所 TEL 0564-59-0199 FAX 0564-59-0190